当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

ストレスを感じたらアレを食べろ【ストレスの対処法・ストレスに効く食べ物】

ストレスをなくしたい!

誰しもがそう願っているのではないでしょうか?

しかし、この現代社会においてストレスとは常に私たちに寄り添っているものです。

では、実際どれほどの人が日頃ストレスを感じているのでしょうか?

NTTナビスペースが運営するネットリサーチ「ナビリサーチ」が実施した日常生活でのストレスに関するアンケートによると、「ストレスを全く感じない」と答えた人は全体の2.9%、つまり97.1%の人は日常にストレスを感じているのです。

しかも、そのストレスの原因は、どれも「人間関係」や「仕事」などどれも、日常生活からは切っても切り離せないものがほとんどです。この現代社会では、ストレスと上手に付き合っていき、自分でうまくコントロールしていくことがとても大切になっています。

ですので、今回は誰でもすぐに、しかもお手軽に始められる方法でストレスを緩和させられるものをご紹介していきたいと思います。

2つのお菓子でストレス緩和

アメ、チョコ、

実はこの2つがストレスを和らげる効果があると言われています。

ではこれらを、常にカバンに入れておいて食べよう!

と思っても、どういったときに、食べればいいのでしょうか?

この2つにはそれぞれ、効果や、服用するタイミングが違います。

それでは、ひとつずつご説明させて頂きます。

甘味が脳に栄養を与える!?

  「ストレスがたまったから甘いものを食べる!」

「甘いものを食べてストレス発散!」

と、なんとなく甘いものはストレスにいいような気がしていませんか?

確かに甘くておいしいものを食べると幸福感で満たされ、ストレスが緩和するという効果が期待できます。しかし、実はただ単に甘いというだけでは、完全にストレスに効果があるとは言えません。

それを、オーストラリアにある、ニューサウスウェルス大学のトーマス・F・デンソン博士が検証しました。

デンソン博士は、グルコース(ブドウ糖)を入れたレモネードと、グルコースの代わりに人工甘味料を入れたレモネードを2種類用意し、感じる甘さを同じにしました。それを複数の被験者に飲ませ、わざと怒らせるようなことをした時の反応を調べたのです。

その結果、同じ甘さのレモネードを口にしていても、グルコース入りのを飲んだ人のほうが怒り出す人数がはるかに少ないという結果が出ました。ですので、実際には、甘さだけでなく、グルコースの摂取がストレスを抑えるのに効果がある ということが分かりました。

そして、グルコースは脳が昨日するためのエネルギー源にもなります。脳に十分なエネルギーがいきわたるとリラックスした状態になりますので、そのためちょっとした問題が起こっても脳は余裕をもって対処できるのです。

アメ玉でグルコースを摂取できる

グルコースというと、どうやって摂取すればいいかわかりにくいですよね。しかし、このグルコースというのはいわゆる砂糖に含まれるショ糖、果物に多く含まれる果糖、いわゆる糖分であれば、なんでも摂取すれば、肝臓ですぐにグルコースにつくりかえられるので、糖分であれば、なんでもよいのです。

そこで、日常で手軽に摂取できるのが、アメ玉になります。

カバンやポケットにでも入れておけばいつでも摂取できるところが機能性に優れていますね。

糖分を取るときの注意点

なるほど、糖分を取り入れればストレス対策になるのか!と言って、あまりに大量に糖分を摂取しすぎないようにしてください。

というのも、甘いものを摂取して血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンが分泌され、次第に血糖値を下げ始めます。そうして、人は、血糖値をコントロールしています。ところが、継続的に甘いものばかり食べていると、すい臓のコントロール機能がうまく働かなくなり、インスリンの働きもわるくなり、血糖値が高くなりすぎてしまい、いわゆる糖尿病になってしまうからです。

また甘いものを一度に大量摂取するとすい臓が過剰に働き血糖値がむしろ下がりすぎ、「低血糖」といって、頭がぼーっとして意識が集中できない状態にもなってしまいます。

ですので、あまりにたくさんの糖分を摂取しすぎないように注意されてください。そこで、やはり、一粒程度で、うまく糖分を摂取できる、アメ玉がおすすめになるのです。さらに、アメ玉はごく少量で、徐々に糖分を吸収できるところも長所になります。

仕事中、ムカッとした時、いらっとしたときに、アメ玉をなめてみて気持ちを切り替えてみましょう!

チョコレートについて

では、アメ玉につづいてチョコレートはどうでしょうか?

チョコレートにも糖分が含まれていますので、アメ玉と同じようにストレス緩和に役立つことが期待できます。

アメ玉と違うところは、アメ玉は成分のほとんどが糖分からできていますが、チョコレートの場合は、糖分と脂肪分が半々になっており、結構脂肪分が多いようです。

脂肪分が多いと、栄養が吸収されるまで時間が長くかかり、じわーっと体に入っていくようになります。ゆっくり一定時間をかけて糖分を吸収していくので、血糖値も長い間高めてくれます。

アメ玉は逆に糖分でほぼ出来ているため、吸収が早く、即効性があるといえます。

そして、チョコレートの場合は、長く効果が持続してくれるものになります。

この二つの特性を意識して、使い分けてみることが大事です。チョコレートの場合は、これから、もうひと頑張りしなければならないとき、だんだん、イライラしてきた時、集中力が続かなくなってきた時などに口にしてみるとよいと言えます。

[ads]