当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

お酒・アルコールはよく眠れる?眠れない?【体に良い適量とは】

アルコール(お酒)を飲むとよく眠れるような眠れないような。

体に良いのか悪いのか・・・。

結局情報が混合していて、よくわからないですよね。

この記事ではお酒の適量や、お酒が与える睡眠への影響をわかりやすく説明いたします。

お酒でよく眠れるは勘違い

「お酒は体に悪い」というイメージがありますが、どうして体に悪いのでしょうか?

そして、どうすればお酒との良い付き合いができるかをご説明いたします。

まず、実はお酒は胃に負担をかけるというよりも、

脳に負担をかける飲み物と言われています。

お酒に含まれるアルコールが脳の自律神経の中枢を麻痺させるのです。

お酒を飲んで眠くなった経験は誰しもあるかと思いますが、

これは脳の働きが麻痺したからなのです。

しかし、だからといって深い睡眠が得られるわけでもなく、

睡眠の周期を作っているのは自律神経ですから、その周期が崩れてしまうのです。

特に、「ノンレム睡眠(深い眠り)」の時間が短くなるのが問題です。

実は、ノンレム睡眠は脳疲労を回復させる役割があります。

しかし、お酒を飲むことによってこれが得られなくなってしまうため、

睡眠の質が落ち、疲れが取れなくなってしまうのです。

ですので、毎晩、酔っぱらって寝る癖がついてしまうと、疲れは溜まる一方です。

更に、「中途覚醒」と言って夜中に目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなることもあります。

仕事の疲れをお酒でごまかしたり、

眠れない時に晩酌に頼ったりする人がいますが、

お酒を飲んで寝ても疲れが取れることにはなりません。

入眠しやすくなっても、前述したとおり、みせかけにすぎ、夜中に目が覚めてしまったり、

本当に質の良い睡眠は得られません。

そして、眠りの質が落ちるため疲労も取れないのです。

ですので、寝る前の飲酒はなるべく避けるようにしましょう。

最適なお酒の量とは

では、お酒は絶対体に悪いのかというと、そうとも言い切れません。

コップ1杯、もしくはグラス1杯程度までなら、

アルコールは血管を広げ、血液の循環をよくする作用があるので、健康にいい面もあります。

こちらに、1日に飲むお酒の適量を記載してみました。

  • ビール・・・・・・・中ビン1本 or 500ml缶1本
  • ウイスキー・・・・・・ダブル1杯(60ml)
  • ワイン・・・・・・小さなグラス2杯(200ml)
  • 焼酎・・・・・・0.6合(110ml)
  • 日本酒・・・・・・1合(180ml)
  • 缶チューハイ・・・・・・1缶(500ml)

お酒を飲みたい人は、

こちらの量を参考に、「適量内」で自分の身体とよく相談しながら飲むことをお勧めいたします。

(適量内というのは性別や健康状態、体格差など個人差があります。)

また、お酒についての余談ですが

赤ワインには、

よく知られているようにポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは「抗酸化作用」(活性酵素による酸化ストレスで細胞がさびるのを抑える作用、老化やがん、生活習慣病の予防になります)をもつので、

どうせ飲むなら白ワインより、赤ワインの方が健康的です。

また、梅、レモン、グレープフルーツを使ったお酒もありますが、

それらに含まれるクエン酸には疲労を和らげる効果があります。

お酒を飲むときに、疲労が普段から溜まっている方は、

どうせなら疲労を和らげる成分が入っているものを摂取するのもおすすめです。

お酒を飲む際の注意点

お酒に関してもう一点注意したいのは、

体質的にお酒を飲んではいけない人がいることです。

お酒を飲むと、アルコールは分解されてまず、アセトアルデヒドになり、次にもう1回分解されて無害化されます。

前者に働くのがアルコール脱水素酵素、後者に働くのがアセトアルデヒド脱水酵素です。

アルコールは通常、この二つの酵素の作用により2段階の過程を踏んで体内に吸収されます。

そして、お酒を飲んではいけない人は、2つの酵素のどちらかを持っていない人です。

日本人にはこのタイプが多く、約30%の人がどちらかの酵素をもっていないと言われています。

こういう人がお酒を飲むと、二日酔いや、アルコール中毒になりやすく、中には飲むと気分が悪くなる人もいます。

ですので、自分がどのタイプなのか知っておくことが大事です。

酵素を持っているかどうかはアルコールパッチテストで判別できます(専用の市販品もあるようです)

お酒・アルコールはよく眠れる?眠れない?まとめ

いかがでしたでしょうようか?

今回はお酒・アルコールが与える睡眠の影響、飲んでもよい適量のお話をしました。

社会人になると、飲み会などで飲まなければならない場面も多いことでしょう。

適量を知り、くれぐれも飲みすぎには気を付け、

お酒とは上手に付き合っていきたいですね。

この記事が少しでも皆様の人生のお役に立てると幸いです。