当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

カロリーゼロは本当にゼロなのか!?実は・・・【表記の微妙な違いについて】

よく飲み物なんかで、「糖質オフ」「低カロリー」「カロリーゼロ」など色んな文句をつかっている商品がありますよね。カロリーが気になる方やダイエット中の方、健康を意識している方はこれらの商品を選ぶ方も多いでしょう。

しかし、ゼロといっても、本当にゼロなのでしょうか・・・?

そして、「○○ゼロ」「〇〇オフ」「ノン○○」などいろいろな単語があり、結局どれが一番カロリーや糖質が低いのか、一体どれを選べばいいのか迷うことはありませんか?

これらは、実は、健康増進法という法律できちんと表示の定義が定まっています。

今回はこれらの表記についてと、カロリーゼロの謎について簡単にご説明いたします。

それは、各表記に微妙な違いがあるからです。

では、各表記の違いについてお話していきます。

カロリーゼロの謎!「含まない」を意味する場合の表記

含まないという事を表示する場合に使う表記は

「○○ゼロ」「ノン○○」「○○レス」「無○○」

になります。

「低い」を意味する場合の表記

低いということを表示する場合には、

「〇〇オフ」「○○ライト」「低○○」「小○○」「○○ひかえめ」「○○ダイエット」

になります。

通常と比べて低減している場合の表記

通常の量と比べて低減していることを表示する場合には、

「〇%カット」「○○ハーフ」「〇gオフ」になります。

つまり、「カロリーオフ」よりも「ノンカロリー」の方が、カロリーが低いことになります。このように表示の定義を知っておくと購入するときの一つの目安になりますね。不等号でまとめると、

含有量・・・ カット > オフ > ゼロ

ということになります。やはりゼロが一番含有量は低いということですね。

カロリーゼロって本当にゼロなのか?

しかし、表記の差はわかり、ゼロという表記が一番含有量が少ないということはわかりましたが、

「カロリーゼロって本当にカロリーゼロなの?」と疑問に思いませんか?

実は、これにはカラクリがあります。

先ほどの表記ごとに、それぞれ成分の含有量の基準値というのが定められているのですが。

例えば、カロリーの場合は「ゼロ」は食品100gあたり5キロカロリー以下

という設定になっています。ということは、100gあたり実質5キロカロリーは含まれているのに、商品に表示する場合はカロリーゼロという表示にしても問題ないのです。

つまり、カロリーゼロと書かれている商品は、いくらゼロと書かれていても、本当にカロリーがゼロというわけではありませんので、大量に摂取してしまうと、通常の食品や飲料を摂取しているのと変わらなくなってしまいます。

ちなみに、「オフ」という表記の場合は100gあたり40キロカロリー以下です。

やはり、どんなにカロリーゼロやカロリーオフをうたっていても、カロリーは必ず含まれているんですね。

カロリーゼロについてのまとめ

100gあたり カット>オフ(40kcal以下)>ゼロ(5kcal以下)

こちらの図式を覚えておくと選ぶ基準になるかと思います。「ゼロ」「オフ」などの実際の基準値を知って、あまり大量に摂取しすぎないように注意してみましょう。

この記事が皆様の生活の役に少しでも立つと幸いです。

[ads]