当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

ジェイゾロフト(セルトラリン)の効果と感想【副作用について体験談】

今回は私がうつ病治療で使用した薬の効果と感想についてお話したいと思います。

薬には作用があるのと同時に必ずなにかしらの副作用があると言われています。

しかも抗うつ薬は、効果よりも先に副作用から現れ、実際の効果が出始めるのは1~2週間はかかると言われています。

実際にその薬が自分に合っていて効果が出るかわからないのに、先に2週間も副作用で苦しむのはすごくつらくて大変なことです。

もしこれから、ジェイゾロフト(一般名セルトラリン)を服用される方、

現在服用していて効果や副作用が心配な方にとって、あくまで私個人の感想ですが、お役に立てればと思います。

ジェイゾロフトについて(セルトラリン)

私が服用したジェイゾロフト(セルトラリン)についてですが、

一般的にはSSRIと呼ばれており、幸せホルモンとも言われるセロトニンに作用する薬と言われています。

うつ病の人はこのセロトニンが不足していることによって「落ち込みやすい」「やる気が出ない」などの症状が出るのです。

脳内に存在するセロトニン再取り込み機構を選択的に阻害し、シナプス間隙のセロトニン濃度を高めて持続的にセロトニン神経伝達を高め、抗うつ作用や抗パニック障害などの作用を示します。
通常、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害の治療に用いられます。 出典:くすりのしおり 

一般的な普通のうつ病には、このSSRIが効果があると言われています。

そして、数多くある抗うつ薬の中でも一番副作用が弱いと言われているので、最初に服用しやすい薬でもあります。

ジェイゾロフト(セルトラリン)の副作用について

しかし、その副作用というものはかなり個人差があり、

以前私は別の薬「イフェクサーSR錠」という薬を飲んだ時に、

副作用でひどい眩暈がおき、一日中ベットから起きられず、誰かの補助がなければトイレにも行けない状態になりました。

そういう経験があり、私はかなり、薬の副作用に対して恐怖を感じるようになっていました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)の副作用は、必ず胃の不快感、吐き気などが起きると言われていました。

ですので、また副作用で苦しむのが怖く、初期投与量は一般的には25mgからスタートするそうですが、

私の場合は主治医に相談しその半分の量12.5mgから服用をスタートしました。

初期投与量の半分でスタートした結果

服用の仕方ですが、私の場合1日1回の夕食後でした。

かなり恐れながら半分の量でスタートしたわけですが、その最初の夕食後は特に何の違和感もなく「なんだ、副作用は大丈夫そうだな」と思っていました。

しかし、そのまま油断した翌朝、普通に朝食を摂ったのですが、その後、胃の気持ち悪さが出てきて、気分が悪くなってきました。

更に、頭痛もしており、吐き気まではいかなかったのですが、

頭痛の痛み止め(ロキソニン)と吐き気止めを貰いしばらく横になって1時間~2時間ほど休んでいたら落ち着きました。

ちなみに入院中のお話なので、何かあったらすぐ看護師か主治医に相談し、薬の調整が効く環境でした。

ジェイゾロフト(セルトラリン)服用2日目の夜

そんな症状が出てきていましたが、通常その胃の不快感などの副作用は2週間くらいしたら収まるそうです。

それを信じて、前の様に耐えられないほどの副作用ではなかったため、服用を続けていくことにしました。

しかし、服用を開始した2日目、薬を飲んだ直後の夕食後はどうやら、副作用が出ることはないようなのですが、

2日目の深夜に、激しい頭痛と吐き気で目が覚めました。

頭痛は左側が痛くて、おそらく片頭痛だったと思います。

あまりに痛いのと気分が悪いので、パニック状態になり呼吸が速くなり、過呼吸のような状態になりました。

過呼吸は、名前の通り息を吸いすぎて起こってしまうものです。

しっかり落ち着いて息を吐くように吐くように、心を落ち着けたら収まると経験上わかっていたので、その場は自分で対処でき落ち着きました。

何とか、看護師さんに相談しに行き、痛み止めと吐き気止めをのんでその夜はひたすら横になって、朝が来るのを待ちました。

一晩中頭痛と、少しでも体を動かすと吐き気がして、ただじっとしている事しかできずかなりつらい夜を過ごしました。

この頭痛と吐き気の原因に特に心当たりがなく、薬の副作用なのかな?と思いました。

また、次の日も飲むと、夜中に同じ症状になるのではないかと、かなり恐ろしかったです。

しかし、丁度主治医が出張でしばらく不在で薬について相談できなかったため、仕方なく勇気を出してジェイゾロフト(セルトラリン)の服用をそのまま続けることにしました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)服用3~9日目

相変わらず朝は、気持ち悪い感じがし、たくさん食べると気分が悪くなってしまうと思っているせいか食欲がなく、朝、昼はほとんど食事が食べられなくなりました。

そして、もともと頭痛持ちではあるのですが、ジェイゾロフト(セルトラリン)服用を始めてから毎日頭痛が起きるようになっていました。

途中から、朝と昼に、胃の不快感を取るための薬「スルピリド」を食後に飲むことになりました。

実際それが効いているのかいないのかは、わからなかったです。

そして、其の他の副作用ですが、私の場合、朝起きると目の前がチカチカしてるような、立ち眩みっぽい感じが数日ありました。

また、服用し始めてからすぐ2回ほど夜中に目が覚めたときに、手先がなんだかしびれているような不思議な感覚がありました。

それが副作用によるものなのかはわかりませんが、数日でおさまりました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)10日目~25mgへ

10日くらい経つと、胃の不快感がなくなってきました。

少しずつ朝食、昼食が食べられるようになりました。

しかし、あまり無理して食べると、胃に負担がかかってしんどかったので、無理やり完食しようとせず、食べられる範囲で食べるようにしていました。

そして、10日目から、ようやく本来の初期投与量の25mgにすることになりました。

25mgという倍の量にはなりましたが、結局そこから胃の不快感の副作用が増幅することもなく、問題なく服用できました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)18日目~50mgへ

18日目から50mgへ増量しました。

増量してからは、立ち眩みがひどくなりました。

つい、うっかりそのまま起きあがってしまうのですが、起き上がると目の前が暗くなるのが、50mgに変えてから頻繁に起きるようになりました。

そして相変わらず頭痛が毎日起きており、酷いことにロキソニン、カロナール、セレコックスなど痛み止めがどれも効かないのです。

ジェイゾロフトを服用し始めてから毎日頭痛に耐える日々が続いていました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)28日目~75mgへ

28日目に75mgとまた増量しました。

胃の不快感はさっぱりうその様にだいじょうぶになっていましたが、

それより頭痛がひどく起きていました。75mgに変えてからというもの、更に頭痛の度合いがひどくなっていきました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)31日目~50mgへ減量

頭痛があまりにひどかったため、主治医に相談した結果、

50mgに戻すこととなりました。

もともと頭痛持ちだったため判断が難しいけれども、ジェイゾロフト(セルトラリン)を服用し始めてから明らかに頭痛が多い為、

おそらく副作用で頭痛が起きているのかもしれない。と言われました。

痛み止めも効かないため、ジェイゾロフト(セルトラリン)を辞めて他の薬にするか考えなければならないことになりました。

正直せっかくここまで、副作用に耐えてきて、

うつの症状もかなり良くなってきていたのに、結局別の薬に変えるとなるとまた、ふりだしに戻る事になるので、かなり、愕然としました。

別の薬ラミクタール(ラモトリギン)追加

正直、入院生活が不自由で過酷だったため、退院したくて心が限界になっていました。

今更、また新しい薬に変更していたら更に退院が伸びてしまう為、私なりにどうするべきか考えました。

精神科医の方針なのか、主治医は、なんの薬を飲むかの決定権はすべて私にゆだねられていました。

患者自身で選んで納得した上で飲んでほしいからでしょうか。

結果的に、ジェイゾロフト(セルトラリン)の効果は出てきており、うつが改善してきたので、この薬を辞める決断ができませんでした。

ただ、頭痛がこの病院で出せる痛み止めでは治らない為、

別の薬で頭痛が治る可能性があるので、 一度退院して、頭痛外来へ行き、頭痛専門の薬を出して貰って様子を見ようと思いました。

50mgであれば、頭痛がまだぎりぎり我慢できるレベルだった為、

ジェイゾロフト50mgを退院後も飲み、念のため、ジェイゾロフト(セルトラリン)を辞めなければならなかった時の為に、

別の薬を導入しつつ退院という事で、主治医も納得しました。

その別の薬というのがラミクタール(ラモトリギン)という薬でした。

この薬には、特に、「1割程度の確率で湿疹が出る」という副作用以外、困る副作用が無かったため、前の様に苦しみながら飲む必要がなく、

服用が続けられそうでした。

実際、心配だった湿疹も出ずに済みました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)服用し退院後

退院してすぐに私は、頭痛外来へ行きました。

結果として、片頭痛と診断され、バレリン(一般名:バルプロ酸ナトリウム)という薬を朝夕で飲むことになりました。そして、片頭痛用の頓服の薬エレトリプタンも貰いました。

バレリンは他の病気で使うこともありますが、

片頭痛を抑える薬としても使えるらしく、服用し始めて5日目くらいから、いままで毎日頭痛があったのに、頭痛が治まるようになりました。

これで、なんとかジェイゾロフト(セルトラリン)を服用し続けられることになりました。

ジェイゾロフト(セルトラリン)の体験談・感想のまとめ

ジェイゾロフト(セルトラリン)を服用するにあたって、私の場合、一番の副作用が頭痛でした。

最初の胃の不快感も、最初こそ辛かったものの、のど元過ぎれば熱さ忘れるで、慣れてくればどうという事はなくなりました。

胃の不快感は必ず2週間くらいすればよくなってくるそうです。

しかし、あくまで副作用は個人差がかなりあります。

人によって全然違いますが、今回の私の体験談が、同じように薬の副作用について悩まれてる方の参考に少しでもなれば幸いです。