当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

調剤薬局事務の仕事 資格無し・未経験でも受かるのか【求人の採用基準】

こんにちは。私は10年間医療事務の仕事をしており、調剤薬局での勤務は5年半以上経験があります。調剤薬局では事務長クラスになり、新人教育と職員の新規採用の際の面接・人事の仕事もしておりました。

この度は現在

「転職を考えていて調剤薬局の仕事をしてみたい方」

「調剤薬局の仕事をしたいけど、資格が持っていないという方」へ、

調剤薬局の資格・経験が無くてもできるのかどうか、についてお話していきたいと思います。

調剤薬局事務の資格がある・なしの違い

まず、調剤薬局で求人を探していたら応募条件の所に「有資格者」である必要があるかどうかが書かれています。

そこで、「有資格者」が条件としてある場合は、残念ながらそこへ応募しても、よっぽど他に応募者がいない限り門前払いを食らってしまうと思います。おそらく望みは薄いかと思います。

しかし、調剤薬局やもしくは医療事務の求人で、「資格なし」でも応募できるところは調べてみると結構沢山あります。ですので、現在資格を持っていなくても、資格を持っている人に比べると、応募できる求人の数は減りますが、ある程度の求人の応募自体はできるという事です。

ただ、そこで気になってくるのが、資格がある人とない人が同時に応募してきた時に、資格のある人に勝てるかどうか。という事になってきます。

調剤薬局事務の採用の判定基準

採用の判定基準はもちろんその募集されている薬局によりますが、私が以前勤めていた時の基準でお話していきます。

調剤薬局事務の資格ある人 or ない人

もし、単純に、応募してこられた方の年齢、雰囲気、能力どれも同じくらいであれば、「資格ある人」が選ばれやすいです。

何故なら、「資格ある人」はこの調剤薬局の仕事に応募するにあたって、勉強の時間や、資格を取るためのお金、労力がたくさんかかっています。調剤事務は人気の資格で通信講座などでお手軽に取れるイメージはありますが、それでもきちんと勉強しないと取れません。意外と、資格を取るための通信講座や学校のお金だけ無駄に払って結局勉強が足りずに、試験に落ちる方も結構います。

資格を持っているという「知識」も大事ですが、資格を持っていることによって、どれだけその仕事をしたいかという熱意が、持っている人と持ってない人とでは異なります。資格が無い人は、「資格ないけど、なんとなく応募した」「落ちたら別の仕事でも良い」という感じが、資格ある人に比べると拭えません。

そして、どの企業もそうだと思うのですが、採用したら「長く続けてほしい!」と思っています。新人を募集するには、ハローワークや、ネット求人に依頼を出したりします。しかもネット求人はお金がかかる場合があります。

そして採用したら、様々な事務手続きをしなければなりません。そして、晴れて、新しい人が働いてくれても、もしも、すぐに辞められた場合は、今度は退職の手続きというのがあり、これも手間がかかります。そして、また振り出しにもどり求人を出す。という具合になりかなり大変なのです。

企業側からしたら、面接にも時間をかけますし、なるべく辞めない人を雇いたいのです。

話は戻りますが、資格ある人の方がその人自身もその仕事に就くためにも時間やお金を労しているわけですから、辞めにくいだろうと判断します。

よって、完全に全ての能力が同等の人同士であれば、資格ある人を選ぶ可能性が高いです。

ただし、

採用するには、その薬局に合った人柄、年齢、結婚の有無など様々な要素が加わるので、資格がないから資格のある人に勝てないという事は絶対にありません。

次に、資格が無い人でも有利になる方法をお話しします。

調剤薬局事務の資格ない人が面接時何と言えば良いか

では、資格を持っていない状態で、応募し面接までいったとして、何と言えば採用されやすいか、ですが。結論から言いますと

「現在、資格の習得中です」

と言えばオッケーです。学校へ通わなくても、通信講座でも調剤薬局事務や医療事務の資格は取れることは広く知られていると思いますので、

「この子、すごくいい子なんだけど、資格も経験もないのかぁ」という時がたまにあります。しかしその時に、

「現在、資格の勉強中・習得中」という事にしておけば、資格がある人と同じレベルまで持っていけます。

実際に本当に資格の勉強をしているかどうかまでは、面接時にはわかりませんので、そう言われたら、よほど挙動不審でない限り面接官は信じると思います。

調剤薬局事務の経験の有無は重要か

経験があるかどうか、についてですが、これもまたその薬局の考え方次第ですが、私の経験上そこまで重要ではないかと思います。

前述したように、企業側は「なるべく辞めてほしくない」「長く続けてほしい」が重要なため、即戦力はそこまで求めていません。経験があったらちょっとうれしいかな、というレベルです。

逆に、未経験である方が良いという考え方もあります。

それは、薬局に限らずどの職場でもそこの職場のルールがあると思うのですが、

経験のある人が採用された結果「前の職場との環境のギャップ」や「前の職場とやり方が違う」という理由で辞められる可能性と、

教える側としては「前の職場でどこまでの知識があるかわからないから、どこから教えていいかわからない」「いっそゼロから教えた方が早い」

等の理由で、まっさらな未経験の人が優遇される場合もあります。しかしそこは、その薬局の考え方次第なので何とも言えませんが、未経験だからと言って経験者の人にはかなわないという事は全くないと思います。

薬局は狭いところなので人間関係が重要になってきます。薬局によっては「とにかく人柄が重視」されることもあります。

調剤薬局事務の資格あるなし・未経験についてのまとめ

今回は主に採用基準などについてお話ししましたが、まとめると、

資格を持っていない、未経験であっても、採用される可能性は十分あるが、それは応募した薬局との相性による。

という事ですね。

私は、医療事務・調剤薬局事務の資格を持っていますが、正直に言うと資格の勉強よりも、就職してからの方が勉強することが多いと思います。

資格試験の勉強には載っていない事もたくさん出てきます。ただ、それでも資格があるという土台があるに越したことはありませんので、もしも、「調剤薬局事務の仕事をしたい!」と思われる方は一度、通信講座の資料だけでも目を通しておくことをお勧めいたします。

この度はここまで読んでくださりありがとうございました。この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最後にこちらに通信資格講座で安さ・知名度NO1のユーキャンの公式サイトを記載しておきますね^^

ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

更に、こちらの記事に調剤薬局事務資格の通信講座「最安値・比較」をまとめておりますので、ご興味あれば併せてどうぞ^^