当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

【美肌の為に知っておきたい事5選】コラーゲンは効果あり?なし?

美肌の秘訣1.コラーゲンは効果あり?なし?

肌の衰えにはコラーゲンがいいということでコラーゲンの含まれる食品をたくさん食べる人がいますが、

実はこれはあまり意味がありません、なぜなら、コラーゲンの分子は大きくそのままでは体に吸収されないからです。食べ物に入っていたコラーゲンはまず一応で消化され、小さい分子のアミノ酸に分解されます。

その1部がコラーゲンに再生される可能性はありますが1度分解されてしまうからには鶏の手羽元やフカヒレを食べる必要はないのです、結局コラーゲンは体の中で作るしかなく、そのために必要なのはタンパク質とビタミンCです。

毎日必要な量の肉や魚卵を食べてタンパク質をとり、野菜や果物を食べてビタミンCを摂って、体の中でコラーゲンを作りやすくしてやることの方がより美肌に近づきます

肉だのに含まれるコラーゲンペプチドが再びコラーゲンになるという情報も耳にしますが、

たんぱく質とビタミンCの組み合わせは脂肪燃焼に必要なカルニチン肉だのに含まれるコラーゲンペプチドが再びコラーゲンになるという情報も耳にしますがたんぱく質とビタミンCの組み合わせは脂肪燃焼に必要なカルニチンを作り肥満を防止する効果もあるので、やはりオススメです。

美肌の秘訣2.ビタミンCは外から入らない

ビタミンC入りの化粧品に期待しすぎないようにしましょう。

実は、ビタミンCは肌にいくら塗ったところで外からでは吸収できません。

そのままのビタミンCは不安定で壊れやすく皮膚に浸透しにくいのです。

皮膚科などでは、イオン導入器を使って、高濃度ビタミンC誘導体を直接吸入させたりしているそうですが要するに、そこまでしないと外からは入らないということです。

最近ナノテクノロジーを利用して成分を皮膚に浸透しやすくした化粧品が出てきていますが、まずは毎日の食事からビタミンCをたっぷり取るようにすることこそ美肌への近道だと言えるでしょう。

美肌の秘訣3.紫外線に気をつける

紫外線が肌に悪いということは、皆さんご存知だと思うのですが、

これはもう疑いようのない事実です。

紫外線が肌に及ぼす悪影響のうち、最も気になるのはシミとシワでしょう、皮膚の奥の基礎そうというところに、メラノサイトという細胞があり、メラニン色素を作ります。メラニン色素は紫外線がそれ以上奥に入らないように肌をまもってくれます。

新陳代謝がうまくいっていれば、メラニン色素はかくし、基礎まで浮き上がり垢と一緒に剥がれてシミはできませんが、

何らかの原因で新陳代謝がうまくいかないとシミとして残ってしまいます。要するに、紫外線はシミの原因を作るとともにシミが消えるチャンスも奪ってしまうのです。

また、紫外線の中でもUVAという光は肌の多くの親悲愴まで届きじわじわと肌細胞にダメージを与え続けます。

これが結果的に深いシワとなってしまうのです、こうして真皮層を破壊してできたシワは美容整形以外では治せません。

ですので、とにかく過度の紫外線は浴びないように日頃から注意することが肝心です。夏の日日傘はもちろん、日焼け止めクリームは夏だけではなく一年中使うよう心がけましょう。

美肌の秘訣4.たるみは筋肉の衰え

年を増すごとに気になるのが肌のたるみ、最大の原因は加齢ですが、

顔の筋肉の衰えも一因で、これは食事を注意することである程度改善できます。

柔らかいものばかり食べていると顎の発育が妨げられるだけではなく、顔の筋肉も緩んできて肌のたるみを招きます。

噛みごたえのある食材も積極的に取り入れてよく噛むようにすることで顔の筋肉が発達し、顔が引き締まります。

美肌の秘訣5.夜に肌は作られる

寝不足するとてきめんに肌の調子が悪くなると感じた経験はありませんか?

肌は夜作られると聞いたことがあると思いますが、これは本当です。

若さを司るホルモンが寝ている間に分泌され、肌の新陳代謝を促しているのです。

また起きている間は交感神経が優位に働いて筋肉や一応を中心に血流が行き届くようになっていますが、寝ている間は副交感神経が優位に働いて血流は休んでいる筋肉や一応ではなく皮膚の毛細血管の方に、日中よりも多く行き届くようになっています。

皮膚を元気にするには毛細血管のすみずみまで血流が十分に流れ、肌の新陳代謝を促進することが必要ですから十分な睡眠をとって、健康な肌を保ちましょう。

美肌の為に知っておきたい事まとめ

いかがでしたでしょうか?

この度は美肌に関する情報を5つにまとめてみました。皆様の美容と健康のお役に少しでも立てると幸いです。