当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

「最安値はどこ?」調剤薬局事務の通信講座 【6社徹底比較】

「調剤薬局事務の資格が取りたい!」

「でも、費用ってどれくらいかかるんだろう?」

「どこが一番安いんだろう?」

と言った方へ向けて、自宅でも通信講座で資格が取れる、

調剤薬局事務の通信講座の6社を比較し、どこが最安値なのかご案内致します。

ズバリ最安値の調剤薬局事務の通信講座は?

6社の調剤薬局事務の通信講座のお値段について、税込み価格(消費税10%)で比較してみました。

  • 日本医療事務協会    32,780円
  • ヒューマンアカデミー  33,600円
  • ニチイ         36,667円
  • ソラスト        38,500円
  • ユーキャン       39,000円 31,200円(20%OFF) 教育訓練給付制度
  • キャリアカレッジ    42,900円 →31900円(ネットからの申込みで1万引き)

通常の価格ですと、日本医療事務協会が一番お安いのですが、

ユーキャンは「教育訓練給付制度」が使えます。

教育訓練給付制度とは、ハローワークへ申請することにより受講料の最大20%をキャッシュバックを受けられる制度の事です。

そうすることによってユーキャンは39000円から31200円までお安くなります!

そして、キャリアカレッジジャパンは通常42900円になりますが、ネットでお申し込みすると1万円引きになる為、31900円になります。

よって、最安値TOP3

  1. ユーキャン 31200円
  2. キャリアカレッジ 31900円
  3. 日本医療事務協会 32780円

という事になりますね。

とにかくコストをおさえたい方でしたらユーキャンの調剤薬局事務講座

ユーキャンで使える教育訓練制度を「ハローワークまで申し込みにいく時間が取れない」「教育訓練制度の対象外である」と言った方は キャリアカレッジの通信講座 をお勧めいたします。

通信講座ユーキャンを申し込む時の注意点

先ほど述べた、ユーキャンで使える教育訓練制度ですが、対象になるには条件があります。

ですので、ご自身が対象になるかどうかを事前に確認しておかなければなりません。

以下のフローチャートでご確認してみてください。

ユーキャンの公式サイトの調剤事務の紹介ページに、この様な自分が対象になるかどうかのチャートが更にわかりやすくありますので、そちらで確認されてもいいかもしれません。→ユーキャンの調剤薬局事務講座

そして、念のため、お住いのハローワークでもご確認してみることをお勧めいたします。

調剤薬局事務の通信講座のサポートも重要

通信講座を受けるにあたって気になってくるのが、サポート内容です。

「通信講座を申し込んだけど勉強が間に合わずサポートが終了してしまった!!」

なんてことがあるかもしれません。そうなってくると「「せっかく受講料を払ったのに資格が取れなかった(泣)!」」と、かなりもったいないですよね?

調剤薬局事務の資格は、難関の資格ではないとはいえ、

「現在働きながら資格を取るつもり」だったり、

「子育て、家事をしながら勉強するつもり」だと、

結局忙しくて勉強に時間が割けずにサポート期間が終わってしまい資格が取れなかったら悲しいですよね。

実際、結局資格を取ることなく受講料だけ払ってしまう方も多くいるそうです。

ですので、

短期間で資格を取るのに自身が無い方はなるべくサポート期間が長いものを選びたいですよね?

次にサポート期間の長さについて比較していきたいと思います。

調剤薬局事務の通信講座のサポート期間比較

気になるサポート期間比較はこちらです。

  1. キャリアカレッジ  12か月間  31900円
  2. 日本医療事務協会  12カ月間 32780円
  3. ユーキャン     6か月間  31200円
  4. ヒューマンアカデミー 6カ月間 33600円

より長くサポートしてもらいながら勉強したい場合は、12か月間のキャリアカレッジか、日本医療事務協会が長いです。

ヒューマンアカデミーは勉強サポートは6カ月で終了しますが、受験自体は1年以内ならできるそうです。

ユーキャンは受験も勉強サポートも6カ月以内と短いです。

100%合格保証のヒューマンアカデミー

「絶対合格したい方」向けの制度がヒューマンアカデミーにあります。

それは、ヒューマンアカデミー独自の「合格サポート制度」というものです。

残念ながら「調剤薬局事務」単体ではそのサポートの対象にならないそうです。

しかし、調剤事務講座+コンピューターセット講座というのを申し込めば、

合格サポート制度という「100%合格を支援する」サポートが受けられます。

どういうものかというと、

3回受験して合格できない場合、受講料を100%返金してくれる保証がつきます。つまり、受講者を本気で合格へ導いてくれるということです。

お値段は39700円とその分お高くなりますが、

他にコンピューター資格も取れるのはヒューマンアカデミーしかありませんので、就活の時にレセコン(レセプトコンピューター)の入力のスキルがあることをアピールでき就職につながりやすいかもしれません。ヒューマンアカデミー公式サイトへ


調剤薬局事務講座の受験料・合格点について

見落としがちなのが受験料や合格点(得点率)です。

実は、受験料は通信講座料とは別に払わなければなりません。

そこで安価な上位4社の受験料と得点率を比較してみます。

  • キャリカレ 受験料5600円(税込み)得点率70%以上
  • ユーキャン 受験料4,950円(税込み) 得点率60%以上
  • 日本医療事務協会 受験料5500円(税込み)得点率70%以上
  • ヒューマンアカデミー 受験料4950円(税込み)得点率70%以上

という結果になり、

最終的に「講座料」+「受験料」で比較すると上位4つは、

  1. ユーキャン 計36150円
  2. キャリカレ 計37500円
  3. 日本医療事務協会 計38280円
  4. ヒューマンアカデミー 計38550円

という結果になりました。

ユーキャンは他二つに比べるとサポート期間が6カ月と短いですが、価格だけで考えると一番安いようですね。次に安いのがキャリカレでサポート期間は12カ月です。

調剤薬局事務の通信講座の最安値まとめ

以上の事から

という結果になりました。

まずは、詳しくどんな教材になるのか、無料お試し資料請求からされてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事の比較が皆様のお役に立てると幸いです。