当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

調剤薬局事務の仕事内容ってどんなの?【楽しいorストレス?】

こんにちは

この度は

「調剤薬局事務を目指している」

「調剤薬局事務の仕事に興味がある」

といった方にむけて、実際に働き出したらどのような仕事内容になるのか、というのをご紹介していきたいと思います。

調剤薬局事務の1日

まず、新人として調剤薬局事務として働くようになったらということを仮定して 私が以前勤めていた個人経営の薬局での体験をもとに、お話ししていきます。

調剤薬局事務の仕事内容~朝~

まず、朝は薬局内の清掃を行います。

大きい病院とかですと、清掃は外注して、業者に頼んだりもしますが、普通の薬局の場合は、規模も大きくないので、清掃は従業員が行うと思った方が良いでしょう。

従業員で手分けをして担当を決めたりして、清掃を行っていきます。

受付の掃除、トイレ掃除、窓拭き、床拭きなどなど、掃除していきます。

また、金庫からお金を取り出して、レジにお金を用意しておきます。

調剤薬局事務の仕事内容~朝9時~ミーティング

多くの職場では、朝に全員で顔を合わせて、朝のミーティングを行っていると思います。

昨日あった出来事の確認や、今日起こる、仕事の内容の確認など、みんなで情報共有しておくための時間です。

社会保険や国民健康保険から様々なお知らせの書類が届きます。

また、薬のメーカーからも薬の情報の冊子が届いたりします。

保険や薬のルールなど、結構頻繁に色々変わったりします。

新しい薬が入ったり、薬の名前が変更になったり、薬の箱の形が変わったり、これらは頻繁に起こります。

新人の頃はしなくても良いと思いますが、

ベテランになってくると変化していく保険制度の内容をしっかり把握し、同じく働く薬剤師さんたちにもわかりやすく伝えておく役割を任せられることもあります。

調剤薬局事務の仕事朝9時以降~薬の納品

朝のミーティングが終わると、昨日発注しておいた薬が次々届きます。

多くの薬を扱っている薬局であれば色んな卸し業者から薬が届く場合があります。

ここで卸し業者さんから薬を受け取るのは薬剤師さんか事務員さんかはその薬局のルールによると思いますが

調剤薬局事務の新人さんが薬を覚えるために卸し業者さんから薬を受け取る場合もあります。

その時に伝票と実際に届いた薬が間違いないかなど確認をし、

合っていれば自分の印鑑を押して、卸業者さんに受領書を渡します。

そして、受け取った薬は順次、棚にしまっていきます。

調剤薬局事務の仕事~処方箋受け取り

薬をしまう作業もしつつ、9時開局であれば、徐々に患者さんも病院が終わって、処方箋をもってやってくるようになります。

患者さんから調剤薬局事務が処方箋を受け取ります。

その時に保険証やお薬手帳も一緒に受け取ります。

受け取った処方箋を見て調剤薬局事務員が薬の内容をパソコンに入力していきます。

私が勤めていた薬局では入力したら他の職員、手の空いてる人を呼び、入力内容が合ってるかどうか、パソコンと処方箋を読み合わせて確認を行ないます。

ここで入力を間違えてしまうと、間違った薬を出したり、量を間違ったりという失敗のもとになってしまうので、しっかり確認します。

調剤薬局事務の仕事内容~薬のピッキング

薬局によりますが、薬を調剤薬局事務員が、ピッキングして用意する薬局もあります。調剤薬局事務員が出した薬を、薬剤師が処方箋とあっているか確認し、患者さんへ渡すようになります。

このピッキングは、まったく調剤薬局事務員はやらない薬局もあれば、調剤薬局事務員がやる薬局もあるので、ここは各薬局に面接に行くときに必ず聞いておいた方が良いと思います。ピッキングがあるかないかは、仕事内容にかなり差が出ます。

なにせ、何百~何千種類とある薬の位置を覚えて、素早く出すようにならなければならないので、

そういう細かい作業が苦手な人、もしくは

事務作業・会計作業などに専念したい人はピッキングが無い薬局を選ぶと良いと思います。

調剤薬局事務員の仕事内容~会計~

薬の説明をするのは薬剤師さんの仕事です。

調剤薬局事務員は、薬剤師さんが患者さんへの薬の説明が終わった後、お薬代をいただく会計の仕事があります。

薬局によっては、薬剤師さんが薬の説明をしたあと、その流れでそのまま会計をするところもあります。

調剤薬局事務員の仕事内容~1日の締め~

例えば18時に閉局であれば、その時間に向けて徐々に、片づけをしていきます。

その日使った、調剤道具を洗ったり、窓を閉めたり、カーテンを閉めたり、ごみを集めたりとやっていきます。

今日一日出た薬を調べて、薬の発注作業も行います。

これは薬剤師さんがすべてやる薬局もあれば、調剤薬局事務員がやる薬局もあります。

最後に、今日1日のレジ、お金を合わせていきます。

その日の請求金額と、実際にあるお金があっているかを確認します。

また、新人さんはまだすぐにはしないと思いますが、

その他、必要な経費の処理、入金のお金の準備などもやります。

調剤薬局事務員の仕事内容1日のまとめ

以上、このような1日の流れになります。

朝の掃除 → ミーティング → 薬の納品 → 処方箋を受け取って薬を出す → 夜の掃除 → お金の締め

まとめますと、この様な感じです。

大きな流れは、どの薬局も同じかとおもいますが、細かいルールは各薬局によって違うかと思いますので、

気になる方は、事前に面接のときなどに聞いておくとよいと思います。

調剤薬局事務員の仕事内容~月1の仕事~

最後に、忘れてはいけない大事な仕事が

レセプト請求の仕事です。

先月分の、すべての調剤分のお金を各保険(国保、社保)に請求する作業です。そのお金が自分たちの給料にもなる大事なお仕事です。

レセプト請求できる期間が毎月5日~10日の間になりますので、その期間内に請求していきます。

今はオンラインでの請求になります。

1か月分の各レセプトデータを国保、社保、二パターンに分けてデータ化し、ネットでそれを国保、社保に送ります。

そのデータ化する前に、エラーが無いか、保険の間違いがないかなど、こまごまとした修正をするのも調剤薬局事務員の仕事です。

これが月1の仕事なので、しっかり出来るようになるには、何か月かかかります。

調剤薬局事務員の仕事内容・総まとめ

調剤薬局事務員の仕事内容は、大まかに分けると

1日の流れと

月1のレセプト請求の仕事

になります。

この記事をここまで読んでいただきありがとうございました。これから調剤薬局事務員として働く方の参考にすこしでもなれば幸いです。