当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

【何故】歯を食いしばるクセがある人要注意!

「最近気が付いたら歯を食いしばってる」

「意識してないのに、奥歯を噛みしめている・・・」

という事がある方へ向けて、この度は、

「何故、歯を食いしばってしまうのか」

「歯を食いしばる事の悪影響」

についてご紹介いたします。

何故歯を食いしばってしまうのか

そもそも、何故人は歯をくいしばってしまうのでしょうか?

その原因は、

「イライラ」「ストレス」「姿勢が悪い」

が原因と考えられています。

イライラしたりすると、人は交感神経(興奮すると働く神経)が働いてしまい、

いわば、緊張してしまい筋肉が収縮してしまいます。

つまり、筋肉が緊張してしまい、自然といつのまにか歯を食いしばってしまっているのです。

また、パソコン作業などデスクワークが多い人は、

パソコンしているときに、きがついたら歯を食いしばったりしていませんか?

実は歯と姿勢は大きくかかわってきます。

歯をくいしばっていると、胸鎖乳突筋という首筋にある筋肉が緊張して固くなります。

この筋肉が固くなっていると、胸を広げにくくなり方が内側に入ってしまい

猫背の姿勢になりやすくなるのです。

そこで、猫背の姿勢になることでまた更に、肺が圧迫され大きな呼吸が出来なくなり、常に緊張している(交感神経がつよくなっている)状態になってしまうのです。

歯を食いしばるクセの悪影響とは

歯を食いしばってしまう事で次のような悪影響が考えられます。

  • 歯がすり減る、かける
  • 歯周病の治療効果が上がらない
  • かぶせ物など治療した部分が壊れる
  • 肩こり・頭痛の原因になる
  • エラの筋肉が発達し顔がでかくなる

このような、嫌な悪影響がさまざまあります。

すごく嫌ですよね。

次に、歯を食いしばるクセを治す方法をご紹介いたします。

歯を食いしばるクセの治し方

・「歯を食いしばらない」

・「リラックス」

・「姿勢を正す」

などと書いたメモ紙を目につくところに貼ってみることから始めてみましょう。

パソコン作業の多い人は、特にパソコン作業中は、猫背になったり、緊張して歯を食いしばりやすくなるので、デスク周りにメモをおくのがいいかとおもいます。

そして一番大切なことは、ストレスを解消することです。

環境の変化、人間関係、人はいろいろなところでストレスを感じてしまいます。

休日、もしくは家に帰ったら、仕事の事を忘れてストレスを発散し、

リラックスした状態を作る、ゆとりのある生活を取り入れるようにしましょう。

これらをすることで、

「歯の食いしばり」から解放され、

今まで悩んでいた、お口の悩みや慢性的な頭痛や肩こりが解消されるかもしれません。

歯を食いしばるクセ・まとめ

いかがでしたでしょうか?

歯を食いしばると、色々な悪影響があり、何とか治したいですよね。

ストレスをためないようにしていくのも大事ですが、あまり意識しすぎてもストレスになりますので、

自分のできる範囲から、適度に行ってみてください^^

ここまで読んでくださりありがとうございました。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。