当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法【食べ物とは】

皆さんセロトニンってご存じですか?

実は「セロトニン」は幸せホルモンとも呼ばれている 精神を安定させ、ストレスを軽減させる働きのある神経伝達物質なのです。

これが、体内で減ってしまうとうつ病を引き起こしたり、メンタルの不調に陥り体に大きな影響がでてしまうのです。

この度は、そんな幸せホルモン「セロトニン」の増やし方をご紹介いたします。

セロトニンを増やす方法その1「食べ物」

セロトニンを増やすには、セロトニンを作る為の栄養素が必要です。

セロトニンは体内で貯蔵できないため、毎日体の中で作らなければならないのです。

その必要な具体的な栄養素は

  • トリプトファン
  • ビタミンB6
  • 炭水化物

この三つだと言われています。

ですので、この三つの栄養素を食べ物から摂取していかなければなりません。

セロトニンに必要な栄養素「トリプトファン」

トリプトファンは、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や大豆製品に多く含まれています。

セロトニンに必要な栄養素 「ビタミンB6」

ビタミンB6が豊富にふくまれているのは、さつまいも。

また、イワシからはトリプトファンとビタミンB6の両方を摂取できます。

セロトニンに必要な栄養素 「淡水化物」

炭水化物の代表格は、「白米」です。

セロトニンに必要な栄養素 すべて含んでいる食べ物

以上が、それぞれの栄養素を含む代表的な食べ物ですが、

実は、これら「トリプトファン」「ビタミンB6」「炭水化物」

三つすべてを含んでいる食べ物があります。

それが

「バナナ」

です。

1日1本バナナを食べるだけでセロトニンが分泌されるのです。バナナ一本ならかなりお手軽に摂取できますよね。

セロトニンを増やす方法その2「日光を浴びる」

また、セロトニンを増幅させる方法として、

「日光をあびる」

という事も重要と言われています。

毎朝、「太陽の光を目に入れる」ことで分泌量が増幅する特性があるのです。

そして、毎朝決まった時間に、太陽を浴びる事によって体内時計がリセットされるので生活リズムが整う効果もあります。

セロトニンを増やす方法その3「リズム運動」

また、リズム運動をすることでセロトニン分泌を促すともいわれています。

リズム運動といえば、誰にでもでき、足腰に負担の少ない「ウォーキング」がオススメです。

ですので、前述したように、

朝日を浴びる事もセロトニンを増やすのに有効ですので、

「朝日を浴びながらウォーキングをする」

という事が、日光浴とリズム運動を同時に行うことが出来るため、大変有効的な習慣になるのです。

まさに一石二鳥となるのです。

セロトニンを増やすと夜も眠りやすくなる

また、幸せホルモン「セロトニン」を増やすと、

その朝昼に分泌されたセロトニンは夜になると今度は「メラトニン」

というホルモンに変化します。

このメラトニンというホルモンは、夜の睡眠を促す作用があります。

よって、朝昼にセロトニンをたくさん分泌させることによって、夜も深い眠りにつきやすくなるのです。

セロトニンを増やすことで、睡眠不足改善や、不眠症の改善にも役に立つのです。

セロトニンを増やす方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、セロトニンを増やすには、

「バナナを1日1本食べ朝日を浴びながらウォーキングする」

という習慣が大変有効的なのです。

またセロトニンを分泌させることによって、夜も眠りやすくなりますので、

セロトニンを増やすことは大変体にメリットがあるのです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです^^