当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

ベルソムラの副作用はやばい?【悪夢や体験談】半分に割るのはOK?

こんにちは。

この度は私が服用している睡眠薬の、ベルソムラについて

個人的な感想にはなりますが、

感じた事や副作用について体験談をお話ししていきたいと思います

ベルソムラとはどんな薬?

まず、ベルソムラについてですが、

ベルソムラの主成分である「スボレキサント」は世界初のオレキシン受容体拮抗剤であると言われています。

では、このオレキシン受容体拮抗剤とはどんなものなのでしょうか?

オレキシンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで様々なはたらきがあります。

その代表的なはたらきの一つに覚醒中枢への作用があります。

オレキシンにより活性化される

「覚醒中枢の働き」が「睡眠中枢の働き」を上回ることで睡眠中の人は目を覚まします。

オレキシンの放出は体内時計により調節され、夜間は少なく、朝になると多くなります。

夜は脳内のオレキシンの量が少なくなるため、

覚醒中枢よりも睡眠中枢の働きが強くなることで眠くなります。

逆に朝になると、脳内にオレキシンが放出され、中枢神経よりも覚醒神経が活発になり、目が覚めます。

そこで、

オレキシン受容体拮抗薬であるベルソムラの有効成分であるスボレキサントは

脳内のオレキシン受容体に結合することで、

オレキシンがオレキシン受容体に結合するのを邪魔します。

これにより、オレキシンの働きを抑えます。

そして、「覚醒中枢の働き」が「睡眠中枢の働き」よりも弱くなり、

結果として睡眠を促す という働きにつながるのです。

参照元:「EPARK くすりの窓口」

ベルソムラの今までの薬と違って良いところ

次に、ベルソムラの今までの睡眠薬に比べて良いと言われているところをご紹介します。

ベルソムラはより自然に近い眠りになる

今までの薬は、無理やり睡眠に引きずり込むとった

例えると「疲れて果ててそのままガクっと眠っちゃった」

といような眠り方をしてしまうのに対して、

ベルソムラは

より自然に眠りにいざなうという特徴があります。

それは、ベルソムラは脳が覚醒しようとするのを抑えるという作用になるので、より自然な眠りになっていると言われているのです。

ベルソムラは耐性や依存性がない

今までの薬(いわゆるベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬)は

長期連用することで耐性や依存性が出てしまうと言われています。

つまり、睡眠薬をやめられなくなったり、効果がでなくなったり、

睡眠薬が無いともう眠れない体になってしまうということです。

それに比べて、ベルソムラは、依存性や耐性がないので

いつでも薬をぱったりやめることができますので、

薬に依存することなく、服用するのにリスクがほとんどないという特徴があります。

ベルソムラを始めて飲んだ時の感想

私は最初、適応障害(ストレスが原因で起こる病気)で精神科に通い始めましたが、

ある日睡眠導入剤をお願いしたところ、ベルソムラが処方されました。

ベルソムラは、10mg、15mg、20mgと3種類規格があるのですが

15mgが投与されました。

ベルソムラは15mgがベースとなる量であり、私が通っていた病院では15mgの規格しか置いていませんでした。

初めて飲んだ時は、

あまりに効きすぎて

ぐわ~っと睡眠にいざなわれているような感覚がありました。

途中一度、夜中にトイレで目が覚めたのですが、

起き上がってトイレに行くと、なんだか体がふわふわとした感じでふらついてしまいました。

ベルソムラは私にとっては、効き目が強すぎたようで

朝も、ずっと夢を長い間見続けていて、なかなか起きることが出来ませんでした。

ベルソムラ服用1週間後(副作用について)

ベルソムラの代表的な副作用に

「悪夢を見てしまう」

というのがあります。

それは、眠りの質に影響が出て「レム睡眠」が多く出てしまう事によって

夢を見る量が多くなり、結果的にそれが

「悪夢を見る」につながってしまうからなのだそうです。

ベルソムラを飲んでいると、悪夢というか、とにかく「夢の物量」

が増えてしまい、

「なんだか今日はまた不思議な夢をたくさん見たなぁ」

という感じの目覚めに毎日なりました。

それが、時々「怖い夢」「悪夢」になることもあり、

ベルソムラが効きすぎているな・・・と感じました。

ベルソムラ15mgを半分で飲んでみた

病院の先生に「ベルソムラの量をへらしてください」と相談すると、その病院は10mgを扱っていなかったため、

「自分で半分にして飲んでもいいですか?」

と聞いたら

「全然いいですよ」

という事だったので、試しに自力で半分にして15mgの半分7.5mg

を服用したことがあります。

しかし、結果的に、7.5mgだと効果が薄く、効いていなくはないけれど、なかなか寝付けなくなってしまい、

結局15mg1錠に戻すことにしました。

ベルソムラ15mgを半分にする方法

私の場合は、試しに1回分だけ半分にしてみたいと思い

自力で半分にしましたが

医師から指示があれば、薬局で半分にしてもらえることが出来るはずです。

ですが、もしも、「自力で薬を半分にしたいという方」

「日によって今日は15mg、今日は7,5mgとしたい方」は

まな板の上に、ティッシュを敷き、その上に錠剤を乗せて

半分の所に包丁を合わせて、「えいや!」と思い切り押し込めば半分にできます。

ティッシュを乗せる理由は、ティッシュが無ければ、半分に割った時に勢いで薬が飛んで行ってしまうからです。

ちなみにベルソムラは割線のない錠剤になるので、半分は目分量という事になります。

包丁でやるのが怖い方は、百均のダイソーで薬を半分に割る道具が販売されていたので、試しに一個持っておいてもいいかもしれません。

もしくはamazonで498円くらいで売っていますのでよろしければご参考にしてみてください^^

ベルソムラ15mを半年以上服用してみて

結局ほかに、良い睡眠薬が無かったためベルソムラを毎日飲むことになりました。

最初にお話ししたように、

他の睡眠薬は、依存性や、耐性が出来てしまうのでベルソムラが一番安心して飲めるので悪夢は気になるけど半年以上続けて飲んでいます。

そして、1~3か月くらいで、だんだんと、最初は効きすぎていると思っていましたが、体が慣れてきたのか

特に、悪夢を観なくなりました。

とにかく、一番最初の日が効きすぎてふらふらになってしまったのですが、

その後他のうつ病の薬など飲んだ時も最初の1日がとにかく効きが強いことが多かったので、

服用し続けたら自然と身体が慣れてきます。

もしちょっと、飲んでみて効きが強すぎる!

という方は、ひょっとするとしばらく続けると慣れるかもしれません。

もちろん、私の場合ですので、薬の効き目は個人差があります。

詳しくは担当医とご相談してみてください^^

ベルソムラ服用してみた感想のまとめ

ベルソムラは、現在ジェネリックが出ていませんので少し値段がたかいですが、

それでも私はおすすめの睡眠薬だと思います。

他のベンゾジアゼピン系睡眠薬は、薬剤師さんや服用している友人と話したりした結果、

依存してしまい、なかなかやめられなくなって、薬なしじゃ眠れなくなってしまった!

という話をよく聞きます。

ベルソムラは辞めようと思えばすぐやめられますのでお手軽に使えるお薬だなと思っています。

では、最後にここまで読んでくださりありがとうございました。

この感想が少しでも皆様の参考になれば幸いです^^