当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

15分以上誰とでも会話がとぎれない話し方66のルール【書評】ネタバレあり

こんにちは。

誰かと話していても

「向こうが話にのってこない」

「次の言葉が出てこない」

「沈黙から抜け出せない」

そんな経験はありませんか?

この度は、そんな悩みを解決すべく

野口敏さんの著書「だれとでも15分以上会話がとぎれない話し方66のルール」

を読ませて頂いたので。

この度は、この書籍の感想をお話していきたいと思います!!

会話がとぎれない話し方66のルール

この書籍では、さまざまな基本ルールが66個も載っており、

基本のルールさえ押さえれば、

今日からどんなひととでも楽勝で会話が続いていくようになります。

会話がとぎれない話し方基本ルール

営業先でのちょっとした雑談

親戚の集まりでの会話

親しくない友達と二人きり・・・

そんな時、15分以上はなすことができる

基本の「話し方ルール」というものがあります。

  • まず5分!「相手の話をとにかく聞く」
  • すいすい10分「自分の気持ちをちょっぴり話す」
  • 楽勝で15分以上「相手に質問しながら話題を広げる」

このステップを踏むとらくらく15分以上会話が続くようになるのです。

そのやり方の、「聞き方」「話し方」「質問の仕方」

のコツが本書ではたくさん紹介されています。

会話がとぎれない話し方コツを一部紹介

そのコツの一部をご紹介いたします

  • 相手には共感の言葉を贈る
  • 次の言葉に迷ったら「でしょうね~」という
  • 「普段の行動」「行動のクセ」は誰からも歓迎されるネタ
  • ネタが尽きたら「そういえば・・・ですよね」と過去にさかのぼる
  • 知らない話題は相手を主人公にする質問でばっちり
  • 「・・・のとき、あなたはどんな人?」と人柄について話す

などなど一部ご紹介しただけでもこんなにあります。

会話がとぎれない話し方のコツは気持ちだった!?

本書では、会話の秘訣として

「会話は言葉のキャッチボール」

ではなく

「気持ちのキャッチボール」

であるとしています。

テクニックの前に、この基本を忘れないようにすることが大事なのだそうです。

たしかに、

どんなひとでも、自分の気持ちを聞いてほしいものですよね?

それだけで、嬉しい気持ちが何倍も膨らんだり

辛い気持ちだって一気に解消されてしまいます。

そうすると、相手の話は自然とひろがり瞬く間に時間が経ってしまうのだそうです^^

会話がとぎれない話し方「いきなり質問しない」

ついついやりがちなのが、

相手が何を話したいのか、というのを汲み取らず、いきなり質問してしまうNGなケースがあります。

例えば、

「昨日は定時で帰れると思ったら、課長につかまって3時間も残業だった」

といわれたとします。

この時に

「なんで?」「抜け出せなかったの?」

など、話を前に進ませる質問をするのはNGです。

聞き上手になるには、

相手の気持ちに焦点を当てます。

なぜなら、聞き手が一番わかってほしいのは「出来事のあらまし」ではなく「その時の気持ち」だからです。

まずは相手の残念なネガティブな気持ちを汲み取り

「それは災難でしたね」「ついてないね」

など、相槌を送ってあげましょう。

相手は自分の気持ちを分かってくれたことに心をゆるし、

更に奥深い気持ちの例えば「課長がきらい」「その日は恋人と会う約束だった」など、胸の内を話してくれるようになるのです。

まずは相手の感情を察知し、「うわ~」「辛いね」「すごい」などと、とにかく反応してあげるのがベストです^^

 

会話がとぎれない話し方「相手の情報を知りたいとき」

例えば、何か話そうと会話しだしたとき、

つい

「旅行はすきですか?」「お酒は飲みますか?」

など、いきなり質問をつきつけてしまいがちです。

これだと相手もちょっとびっくりし口が重くなってしまう可能性があります。

そのうえ「はい」「いいえ」で完結してしまったり、

会話がうまく広がらなくなってしまいがちです。

そこで、

おすすめの話し方は、

「○○でしょうね~」

と軟らかめに聞いた方が相手も話しやすくなるのです。

「女性ですと、旅行もなさるのでしょうね」

「お酒もいけそうですね」

と、いう風に聞いてみましょう。

そうすると、ぐっと雰囲気が柔らかくなり、

「旅行は、以前よく言っていたのですが、仲のいい友達が結婚して、行く頻度がへっちゃったんですよ」

など、追加情報を語ってもらえる様になります。

ですので、会話のきっかけは

「○○なさるのですね」「○○でしょうね」

とすると、相手にいい反応を貰える話し方になるのです^^

15分以上誰とでも会話がとぎれない話し方66のルール まとめ

いかがでしたでしょうか?

本書で紹介されていた会話のコツをほんの少しご紹介させていただきました。

15分以上誰とでも会話がとぎれない話し方66のルールでは、

タイトルの通り66個ものコツ・ルールが載っています。

「次の言葉が出てこない」

「へー」「そうですか」と言ってから、会話が続かない!

そんな方へ、おススメできる本です^^

良かったら是非手に取ってみてください^^

なんと、この「15分以上誰とでも会話がとぎれない話し方66のルール」は、大ベストセラーで、

その人気につき、漫画化されています!

こちらも気になった方は見てみてください^^