当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

【長年の癖だった私が】くせ毛チリチリの髪の毛を触る癖をやめられた方法

「くせっ毛で髪の毛がきになってしまう」

「チリチリになった髪を触る癖がやめられない」

そんな方へ、

私も以前髪の毛が気になって、ついつい触る癖がついてしまい。

酷いのが、くせ毛を見つけると抜いてしまったりしていました(-_-;)

どうしてもやめたいけど、なぜか、なかなか辞められない・・・。

この度は、

同じく悩んでいる方へ私が辞められた方法をご紹介いたします。

そもそも髪の毛を触る癖の正体は?

そもそも、

なんでこんなに、髪の毛を触ったり抜いたりするのを

辞めたいと思っていてもやめられないのでしょう?

髪を引っ張ったり抜いてしまう方要注意

特に注意が必要なのが、

髪の毛を引っ張ったり抜いてしまう方

これらの原因は

ストレスが考えられます。

これらの行為は「自傷行為」とも言う事ができ、ストレスが溜まっているのかもしれません。

ストレスを解消するために、

  • 規則正しい生活
  • 旅行でリフレッシュ
  • 適度な運動
  • 睡眠をたっぷりとる

など、ストレスを解消させることを取り入れてみましょう。

髪をくるくる、触る程度の方

髪をなでたり、くるくる、触る程度の方であれば

ただの「癖」である可能性が高いので、そこまで注意は必要ないでしょう。

大きな心配はしなくて大丈夫でしょう^^

次に、私が髪の毛を触る癖を辞めることが出来た具体的な方法をご紹介いたします。

髪の毛を触る癖の治し方「物理的にシャットアウト」

まずは、手っ取り早く出来る方法として

物理的に髪を触らないように覆ってしまいましょう。

  • 帽子をかぶる
  • 髪をくくってしまう
  • タオルなどで髪を覆う

これで、物理的に髪を触らないでおくことが出来ます。

髪の毛を触る癖の治し方「髪をトリートメントする」

髪を触る原因の一つに

「チリチリ・縮れ毛が気になる」

「くせ毛・枝毛がきになる」

があげられます。

それらが気になって、つい、そのチリチリの毛を探してしまう。

という事はないでしょうか??

それらを解消するために、髪の毛の質をあげ、きれいにしてあげましょう。

思い切って上質のトリートメントを買ってしっかりケアしておくと

髪の毛がつるつるになり、

枝毛、チリチリもなくなり、

それらの、チリチリ・枝毛を探していた行為が、髪を綺麗に仕上げることによって

髪の毛を触る必要がなくなってきます^^

髪の毛を触る癖の治し方「髪の毛をしっかりケアしよう」

かくいう私がそうでした・・・・。

仕事が忙しくて、髪の毛のケアをほったらかしていた時期があります・・・。

その時に、髪の毛の、枝毛、チリチリ毛がきになって

ずっと、髪の毛をいじっては、枝毛やチリチリ毛を抜いてしまったり、

切ってしまったりしていました。

しかし、しっかり髪の毛を綺麗にするケアをしてあげると

それらの、質の悪い髪の毛がなくなり、それをする必要がなくなったので

自然と髪の毛を触る癖が私はなくなりました^^

髪の毛を触る癖の治し方「おすすめケアアイテム」

髪の毛に関してずぼらだった私でも

かんたんにツルツル髪になった商品を紹介しておきます。

こちら、トリートメントパックですね。

週に1,2回程度の使用でOKなので、毎日しなくていいのです。

1回するだけで、次の日の朝、驚くほどつるつるになります^^

結構高いですが、気になった時だけする程度の頻度でやれば1年くらい持ちます。(私はショートヘアなので髪の長さによります)

1年もてば、一カ月あたり約200円位として、

これで、毎日いじる時間が無くなることを思えば全然安いですよね^^

更に効果を高めたければ、

シャンプーも併せて使えばより効果が上がってますます髪がさらさらつやつやになります。

あまり、シャンプーやトリートメントを気にして使ったことが無かった!

という方は、是非こちらのシャンプーとトリートメントを試してみてください^^

驚くほどきれいになりますよ!

髪の毛を触る癖の治し方 まとめ

髪の毛を触るとき

「枝毛を探してしまっている」

「チリチリ毛を探してしまう」

という方は、その枝毛、チリチリ毛をなくすようにすれば

毎日髪の毛を触ってしまう癖は解消されることが期待できます。

他にも髪の毛の質をあげるには

タンパク質・ビタミン・ミネラル

などの栄養素をしっかり取ることが大事と言われています。

それらが少ないと、髪の毛の栄養が足りず、質の悪い髪の毛になってしまいます。

内側と外側でケアし、きれいな髪の毛になれるといいですね!

是非一度ためしてみてください^^

最後に、ここまで読んでくださりありがとうございました。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。。