当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

たった3カ月で簡単に絵を上達させる方法!「10年前の自分に教えたい!」

こんにちは!

今回、上の画像にあるとおり

わずかたったの3か月でこれほど画力があがったので、

せっかくならいろんな人にこの方法を教えたいと思い、

私が、たった3カ月で絵を上達させた方法をご紹介していきたいと思います!

上達前の絵はこんな感じで、

体のつくりを理解していない、平面的な絵でした。

しかし、3か月後には

このように同じポーズでも、立体的で奥行きのある絵が描けるようになりました!

他にも

同じ構図の絵を三か月後にリメイクしてみましたが、

この様に、奥行きのあるバランスの取れた絵が描けるようになりました!!

実際どのようにわずか3か月でここまで上達できたかご紹介していきます!

3カ月で絵を上達させる方法①「人体の勉強をする」

まず、人間の絵を描くとき皆さんは何を参考にかいていますか?

よく、絵が下手な人がやりがちなのが

「資料を見ずに想像で描く」

というのをやってしまいます。

これではいつまでたってもうまくなりません。

私は以前、とりあえず描けば描くほど勝手にうまくなる、と思っていました。

でも、それは違いました。

ちゃんと勉強して、人物の構造などを理解しながら描かなければいつまでたっても

ちゃんとした正解がみつからず、自分の想像だけの人物を描いてしまいます。

そこで私は一度きっちり勉強しようと思い、デッサン本をたくさん買いました。

特におすすめはこのモルフォシリーズです。

300ポーズ以上のってあり、骨から筋肉の構造などの解説も載っています。

これを毎日ひたすら模写しまくりました。

こちらの解剖学も高かったですが、糧にするために購入しました。

これらの本をとにかく毎日見て描く、そして、骨や筋肉の構造を理解する。

をひたすらくりかえしました。

3カ月で絵を上達させる方法②「sensei pixivのお絵描き講座」

pixivでは「sensei」というお絵描き講座を

無料で公開しています

これの入門編の顔の基礎コースから

「もうこんなのわかってるよ~」

と思っていても、

初心にもどって最初から全部観てみました!

是非だまされたと思って最初から見てみてください!

もしかすると、基礎的な部分が抜けてしまっているところがあるかもしれません。

その基礎があってこそ、うまい絵が描けるのだと思います。

この講座をめんどくさかったですが、最初から全部観てみました。

すると、

今まで私は「アタリ」をとらずにそのまま書いていたのですが、

この講座をみてから「アタリ」を描くようになりました。

「アタリ」を描くことによって

格段にバランスの整った顔が描けるようになりました!

先ほど載せた絵ですが、すべての絵はうすく水色の線で一度アタリを取ってから描いています。

それによって、ある程度バランスを決めて、

その後

線を引くときに、アタリを参考に整えながら描くことが出来るので

バランスの取れた絵が描けるようになります。

「アタリなんかいらない!描くのめんどくさいし!

と私は最初思っていてそのまま人物の顔を描いていました。

しかし、

結局バランスの崩れた絵になってしまいます。

それを後で修正するのは大変です。

最初は手間ですが、

アタリを付けると、

結果的に早くバランスの取れた絵が完成する

という事になります^^

このアタリの重要性にもっと早く気付くべきでした・・・。

ちなみにsenseiでは、人物以外に背景・パースの取り方の講座もあります。

とても充実した内容が無料なので、是非活用してみてください!

お絵描き講座「sensei」へ

3カ月で絵を上達させる方法③「30秒ドローイング」

POSEMANIACSというサイトがあります。

こちらのサイトはお絵描き支援サイトで、

さまざまな人物のポーズ集が載っています。

こちらのサイトではポーズ集の他

「30秒ドローイング」という機能がついており、

「ランダムで色んなアングルのポーズが出てくるのでそれを30秒以内に描く」

という練習ができます。

30秒ごとにバンバン、いろんなポーズが出てくるので、

さっと、人物の身体を描いていきます。

これを1日10分~15分くらい行いました。

ただ30秒は短いので、このポーズはあとでまたじっくり描きたい!

と思ったらスマホのスクショで取っておき

あとでじっくりポーズを描くというような練習をしていました。

これもかなり、人物の身体を描く練習になりますのでおすすめです。

アプリではなくブラウザ内で出来るのでインストールの必要もなくお手軽に挑戦できます。

いますぐPOSEMANIACS公式サイト へ

3カ月で絵を上達させる方法④「好きな漫画家・絵師の絵を模写」

多くの人が実践していると思いますが、

好きな漫画家さん、絵師さんのツイッターなどは積極的にフォローし、もしくは漫画家さんなら、漫画は必ず買う。

その絵を、観察し模写することをとにかくする。

というのも大事な練習です。

自分の好みの絵柄、なりたい絵柄というのがあるかと思います。

なりたい絵柄に近づくにはその理想の絵を描いている人の絵を見つけ積極的にどんどん吸収していくことが大事です。

3カ月で絵を上達させる方法⑤ 「苦手分野の本は買う」

あとはとにかく本を買って勉強しました。

苦手だなと思う分野があれば、自己投資と思って積極的に本や資料を集めることが重要です。

例えば、

「背景が描けない」

と思ったら、

背景を描くために

パースの本を買う →パースの勉強をする

というように、とにかく勉強しなければなりません。

昔は私は背景は適当にごまかして描いていました。

しかし、

パースの本を買ってパースの知識が出来ると、

他の人の絵を見たとき

「この人パースの勉強せずに背景描いてるな・・・」

ていうのがだんだんわかってきます。

例えば、

「同じ身長の人はどんな場所にいても必ず同じアイレベル上に腰が来る(場合により)」

などですね。

そういった知識を今まで知らずに適当に描いていたので、

昔の絵を見るととてもひどいです・・・。

この知識がないと、

人物と背景が合致していなく、どこか人物が宙に浮いているような感じになったり、

キャラクター同士の位置がちぐはぐになったりします。

そうならないために、きちんとパースの勉強もすることが大事だと思います。

パースが理解できれば、今まで挑戦できなかった、背景と組み合わせたクオリティの高い絵も描けるようになってきます。

こちらが私の購入したパースの書籍です。

背景に人物をプラスした絵の練習になる本はこちらです↓

こちらの本は、人物ありのパースの取り方がわかりやすく乗っているので、

値段もお手頃なので一番おすすめです。

3カ月で絵を上達させる方法・まとめ

私は絵を描くのは好きですが、絵がへたくそで、一度絵の道を挫折してしまいました。

ですが、とあるきっかけで再び絵を描くようになり

本気で画力を上げようと決め、とにかく勉強をしました。

やみくもでも描けば描くほどうまくはなると思いますが、時間がかかります。

遠回りでも基礎的な物をきちんと勉強しながら描くことが一番早い方法だと気づきました。

一番の近道は遠回りをすることだったのです

この方法は、本当に10年前の自分に教えてあげたい位あっという間に上達します。

今まで勉強してこなかった人ほど上達が早いかと思います。

私もまだまだ勉強中ですので、これからも勉強していきたいと思っています!

ぜひ一緒に画力アップ目指しましょう!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。