当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

調剤薬局事務さん必見!どこよりもわかりやすい「 自家製剤加算について」

こんにちは!

調剤薬局で働く皆さんへ

今回は自家製剤加算のルールについてわかりやすく解説していきたいと思います!

自家製剤加算といってもなんでも算定できるわけでなく

出来ない項目もあるので、

誤って自家製剤加算を取ってしまうと返戻になってしまう事もあります。

返戻にならないためにも覚えておくと業務を効率化できます^^

そもそも自家製剤加算とは?

市販されている医薬品の剤形では対応できない場合に、医師の指示に基づき、容易に服用できるよう調剤上の特殊な技術工夫(安定剤、溶解補助剤、懸濁剤等必要と認められる添加剤の使用、ろ過、加温、滅菌等)を行った場合

算定できる加算項目です。

錠剤を粉砕して散剤とすること。

主薬を溶解して点眼剤を無菌に製すること。

主薬に基剤を加えて坐剤とすること。

この場合に算定できます。

しかし、これらは実際あまりすることは少ないのでないかと思います。

一番多いのは、

割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合。

錠剤を半分に割ったりする処方が一番多いのではないでしょうか。

もしくは、粉砕も自家製剤加算の対象です。

ですので、

錠剤を半分に割る、もしくは、粉砕の指示があれば自家製剤加算が取れる。

と覚えておくのが良いかと思います。

自家製剤加算の点数について

自家製剤加算の点数についてです。

内服薬・頓服薬の場合

  • 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の内服薬・・・20点
  • 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の屯服薬・・・90点
  • 液剤・・・45点

外用薬の場合

  • 錠剤、トローチ剤、軟・硬膏剤、パップ剤、リニメント剤、坐剤・・・90点
  • 点眼剤、点鼻・点耳剤、浣腸剤・・・75点
  • 液剤・・・45点

このような点数になっています。

でもこれだけ見ても、いまいちわかりにくいですね。

実際よく使う内服薬の点数の計算方法についてみてみましょう。

内服薬の自家製剤加算の計算のやり方

内服薬の場合、

「自家製剤を行った投与日数が7又はその端数を増すごとに所定点数を算定する 」

となっています。

これはいったいどういう事でしょうか?

例えば、

カルベジロール10mg 0.5錠  14日分
 

という処方があったとします。

カルベジロールは10mg0.5錠は自家製剤加算の算定条件を満たしている薬です。(算定条件は後述します)

前述した、

投与日数が7又はその端数を増すごとに所定点数を算定する

とは、7日分ごとに20点加算されていく。

という意味です。

ですので、14日分÷7=2 ですので、

2回20点を算定できます。

20点×2=40点で、

この処方は自家製剤加算を40点算定できるのです。

では、

もしも

15日分だったらどうなるでしょうか?

15÷7=2.142・・・となりますが。

その場合、20点×3の60点となります。

考え方は

日数分÷7をして、小数点はすべて切り上げたものに20点を掛ける。

こう覚えておくとすぐに自家製剤加算の点数が割り出せます。

一包化もこの考え方でいけますので、是非覚えていただくと良いかと思います。

自家製剤加算の算定条件

次に自家製剤加算の算定条件についてお話します。

これが結構ややこしいです・・・。

自家製剤加算のルールで

割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、錠剤として算定する。ただし、分割した医薬品と同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合は算定できない。

というものがあります。

たとえば、

プレドニン5mg 0.5錠  7日分

という処方があった場合。

プレドニン5mgの半錠にあたる 2.5mgという規格がこの世に存在していたら、自家製剤加算はとれません。

自分の薬局になかったとしても、世の中に存在していたら取れないのです。

他に、「粉砕」した場合も同じです。

クラビット錠500mg 粉砕
 

という処方の場合、

クラビット細粒という粉の形状の薬が世の中で販売されている為自家製剤加算にはなりません。

また、

カロナール錠200mg 1.5錠

の場合はどうでしょうか?

200mgを1.5錠は300mgになります。これも世の中に300mgの規格が存在するので、自家製剤加算の対象になりません。

しかし、

200mgを0.5錠という指示であれば、100mgは存在しないため、自家製剤加算の対象になります。

ややこしいですね。

自家製剤加算の算定の考え方としては下の規格がいくらあるとかは関係なく、その一回分の量の規格がある、なしで判断します。

よく、勘違いされているのが、

ブロプレスのように 2㎎・4㎎・8㎎・12㎎ のようにたくさん規格が存在している薬。

「色んな規格を組み合わせたら、指示のmgを作れるから自家製剤加算が取れない!」

と、勘違いされることが多いですが、

いくら下の規格を組み合わせたら錠剤が作れるといっても、

ブロプレス12mg 0.5錠

という処方があれば、

ブロプレスに6mgは存在していないため、自家製剤加算は算定できるのです。

自家製剤加算は何回まで取れるの?

自家製剤加算は1回の受付につき何回までとれるのでしょうか?

実は自家製剤加算については特に回数の制限がありません

1調剤につき自家製剤加算を取ることが出来ます。

1調剤」とは調剤行為ごとの単位を表し、「1剤」は同一服用時点ごとにまとめた調剤料の単位のことです。

ですので、

AA錠 0.5錠 朝食後7日分、BB錠 0.5錠 昼食後7日分
 
 

というのがあれば、AA錠もBB錠も自家製剤加算が取ることが出来ます。つまり二回分算定できます。

しかし、

AA錠 0.5錠、BB錠 0.5錠 朝食後 7日分

二つとも同じ朝食後だった場合、自家製剤加算は1回しかとれません。

お薬の服用時点がかぶっているかどうかを注意してみると、自家製剤加算が重複して取れるかどうか、判断できます。

自家製剤加算は計量混合加算と重複できない?

計量混合加算とは、二つの薬を混ぜることで取れる算定項目です。

ひとつの調剤のなかで、計量混合加算と自家製剤加算は重複して算定することはできません。

例えば、錠剤を粉砕して計量し、他の散剤と混合して分包した場合は、いずれも算定条件を満たしていますが、どちらか一方のみしか算定できないということです。

しかし、

カルベジロール錠10mg 0.5錠 朝食後 5日分

ムコダインドライシロップ50% 1.2g
ミヤBM細粒 1.0g 朝食後 7日分

という処方があったとします。

この場合、服用時点が「朝食後」で同じで一調剤の様に見えますが、

日数が違うためこの場合、別調剤扱いとなります。

この場合は、自家製剤加算、計量混合加算と両方算定できます。

自家製剤加算と一包化は重複できない?

では、一包化はどうでしょうか?

これも同じ考え方ですが、

基本的には一包化すれば、自家製剤加算はとれないと考えておいてよいです。

しかしながら、例外的に

実は、

一包化にかかわらない調剤分に関しては自家製剤加算は算定可能です

例えば、一包化とは関係ない頓服薬などであれば、自家製剤加算は算定可能なのです。

一包化と自家製剤加算どっちを算定すべき?

こちらは、調剤薬局事務員として、知っておくと大変有益な知識なのですが、

個人の薬局など

少しでも多く点数を稼ぎたい場合、自家製剤加算の方が高くつく条件を覚えておくと便利です。

一包化は

42日分以下の場合投与日数が7又はその端数を増すごとに34点

43日分以上の場合240点 の所定点数を算定できます。

自家製剤加算は 投与日数が7又はその端数を増すごとに 20点ですね。

つまり、

  • 自家製剤加算が取れる調剤が2個以上あった場合
  • 処方日数が85日分以上の場合

は、自家製剤加算の方が点数が高くなります。

薬局の方針によりますが、特に気にせず算定している薬局さんは一度、

「自家製剤加算の方が高くなることがありますよ~」

と、薬局内の職員さんと相談してみてください^^

私が勤めていた薬局では、私がこの条件の事を話してからは、自家製剤加算の方が高い場合はそっちで算定するように変わりましたので、特に個人の経営者さんは喜ばれるかもしれません。

自家製剤加算について・まとめ

自家製剤加算はいろいろと奥が深いですが、

しっかり理解しておくと、どんな処方が来ても、自信をもって対応できるようになります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。