当サイトは人生に役立つライフハック等をご紹介しています。

【プレバト水彩画】野村重存先生の教室・講座に行ってきた!【感想・体験談】

  • 2020年2月7日
  • 2020年3月29日
  • , 雑記
  • 280view

こんにちは。

この度は野村重存先生の教室に行ってみた体験談をお話していこうと思います。

私は、もともと小さいころから絵を描くのが好きで、水彩画を少しかじっていました。

そして、ある日、私は偶然テレビ番組「プレバト」で野村重存先生がご出演されているのを観ました。

すこし絵から遠ざかっていた私にとって、野村重存先生の色彩豊かで透明感のある美しい絵には思わず圧倒されました。

それ以来、野村先生がプレバトに出るときは必ず録画予約をして、じっくり観るようになり、完全にファンになっていたのでした。

番組では「教室は5年待ち」とうたわれていたので、先生の講座を受けてみたいけれども、都会にあるだろうし人気すぎて無理なんだろうな・・・。と思っていました。

野村重存先生の講座・教室を発見!

しかし、ある日地元のチラシに「NHK文化センターの講座案内」に一日だけですが、野村重存先生の講座が開催されるのを見つけました。丁度自分の住んでいる町だった為、その日真っ先に電話予約を入れました!

この度は実際に野村重存先生の講座(教室)を受けたときの感想をお話したいと思います。

野村重存先生の水彩画教室について

1教室定員30名までで、講座の時間は2時間半、料金は6292円でした。(NHKの会員の場合は5720円でした)一回ぽっきりの値段ですが、生で野村重存先生に教えていただけるなら安い物だと思いました。

教室の席順ですが、予約順ではなく、当日教室に入った順に好きに座って良いそうで、先生の講義を間近で見たい方は早めに教室に入って席を確保しておいた方が良いと思います。

私は20分前に行きましたが、もう席の8~9割は埋まっていて、一番後ろに座らざるを得ず、もっと早くいけばよかったな、と思いました。

講座の持ち物について

持っていくものですが、予約時に貰った持っていくものリストには、

スケッチブック、筆、パレット、絵の具、練りけし、鉛筆などがかいてあり、

「持っていればそれを持参してもらい、持っていなくてもわざわざ買わなくても良いです」とスタッフさんに言われました。

野村重存先生の講座のスタイル

実際、講義のスタイルは、 私たちが実際に絵を描いているところを指導してくださる、というスタイルではなく 先生がずっと絵の描き方などについてお話してくださるという形で、

私たちは、先生の教卓の周りを囲うように座って講義を聞くという形でした。

先生が実際にスケッチブックに線画などを説明されながら描かれていたのですが、

教室の前の方の席を取れてた方はその分先生の近くに座れていたのでよく見えたかと思いますが、私は後ろの方でしたので、見えはしますが、ちょっと時々立って背伸びをしたりしながら見るという感じでした。

野村重存先生の講座の内容

野村重存先生が長年培ったプロの技、テクニック、コツ、色彩の考え方、デッサンの理論、お勧めの絵の具、水彩画用紙などなど、色々教えていただき、技術はもちろんですが知識の重厚さというのもひしひしと感じました。

ここだけの話でしょうか、プレバトにご出演されている芸能人の方のお話も聞けて大変、価値のあるお話が聞けたと思います。

野村重存先生の教室に行くには

是非興味のある方は実際に野村重存先生の講義を受けてみていただきたいとおもいます。

野村先生は下記のNHK文化センターで講義を行っているようです。

盛岡・仙台・川越・青山・町田・横浜・名古屋・梅田・京都

神戸・西宮・福山・松山(不定期)

NHK文化センター公式サイト

野村重存先生の講座・教室の感想まとめ

野村重存先生に実際お会いして、どんな方なのだろうかと思いましたが、とてもお優しくて、講義の時もちょっとした冗談も交え笑いを取られたり、すごく素敵な方でした。

講座が終了した後、生徒さんはすぐ帰られる方もいましたが、何人か野村重存先生にサインをお願いされてれていたので、

おこがましいですが私もお願いしたところ快く引き受けてくださいました。家宝にします!ありがとうございました!

最後にこちら、 野村重存先生がご出版されているロングベストセラーの書籍をご紹介しておきます。

私も勿論持っておりまして、初心者の方にお勧めの内容となっています、ご興味あれば是非チェックされてみてください^^